【シーン別】カタログギフトの相場は?

【シーン別】カタログギフトの相場は?

引き出物のカタログギフトの相場は?

最近は、結婚式の引き出物にカタログギフトを利用する人が増えています。持ち運ぶのにかさばらず、贈る相手によって内容を変えても、傍目には違いが分かりにくいので重宝されています。

 

相場は約5,000円

引き出物にカタログギフトを利用する場合、その相場は、他の記念品をメインにする場合とほぼ同じで5,000円程度です。ただし、相手によって贈り分けをする方が増えているので、何種類かのカタログを用意することが多いようです。その場合は、ご祝儀の額が基準となるので、同僚や友人には3,000円〜5,000円、上司や目上の方には5,000円〜8,000円、親族には8,000円〜10,000円くらいの価格帯のカタログギフトを贈るのが相場です。

 

結婚祝いの贈り物の相場は10,000円〜20,000円

逆に、新郎新婦が受け取る結婚祝いとしてのカタログギフトは、10,000円〜20,000円の物がよく選ばれているようです。

 

香典返しのカタログギフトの相場は?

基本的には香典の金額の1/3〜1/2

香典返しの相場は、実際にいただく香典の額によって異なります。香典返しは、香典の金額の3分の1〜2分の1程度が妥当な額になりますが、人によって入れる額が異なり、贈り先も他の用途よりも多いため、あまり細かく価格を分けてしまうと作業が大変になります。ですから、大まかに価格に設定しておいた方がよいでしょう。

 

予め金額を決めておく

例えば、香典の額が5,000円までであれば、2,000円、5,000円〜10,000円であれば3,000円、10,000円の場合には5,000円、20,000円以上の場合にはその半額というようにあらかじめ決めておけば、作業がしやすくなります。とは言え、金額を大まかに決めておいても、相手によって個別に品物を選別するのは大変な作業になりますから、件数の多い香典返しにこそカタログギフトが便利と言ってよいでしょう。

 

出産内祝いのカタログギフトの相場は?

基本はいただいた物の金額の1/3〜1/2

出産内祝いの相場は、出産祝いとしていただいたご祝儀や品物の金額の3分の1〜2分の1程度です。つまり、1万円の品物をもらったのであれば、出産内祝いに贈るカタログの相場も3,000円〜5,000円程度が妥当ということになります。逆に、出産祝いにカタログギフトを利用する場合は、5,000円〜10,000円程度が相場になります。

 

入学祝いにカタログギフトを利用するなら

5,000円〜30,000円が相場

入学祝いと一口に言っても、子どもの年齢や贈る人と贈られる人との関係によって、贈るカタログギフトの価格が大きく違ってきます。よく利用される価格帯も5,000円〜30,000円と幅が広いのが入学祝いの場合の特徴です。年齢別にピッタリの入学祝いを専門に掲載したカタログギフトもありますから、そのような物を利用すると相手にも喜んでもらえるでしょう。