これはNG!お祝いに不向きな物とは

これはNG!お祝いに不向きな物とは

結婚や新築祝い、お中元やお歳暮などでお世話になった目上の方など贈り物としてお祝いに不向きな物縁起が悪いとされている品物などを予め知っておく事で、失敗しないお祝い品を選ぶ事が出来ます。

 

”切れる”もの

包丁、はさみなど

まず、結婚祝いとして最も不向きな贈り物は、包丁やはさみなどです。それは、「縁を切る」という事を意味し、縁起が良くないとされています。

 

”不吉なこと”を連想させるもの

ハンカチ・日本茶

また、ハンカチは涙を拭くもので「別れ」を意味し、日本茶は弔辞の贈り物として使われている為お祝い品には相応しくありません。

 

他には、言葉の語呂合わせとしても、歯が欠けるという意味においても縁起が良くない贈り物は、櫛です。

 

ライター・灰皿

また、新築祝いなどにはライターや灰皿、赤いものは「火」を連想させ、火事に繋がる意味を示す贈り物も相応しくないといえるでしょう。

 

目上の方に対する縁起物

履物・カバン・時計

日頃からお世話になっている上司など目上の方には、履物は「踏みつける」という意味で失礼「これからも、しっかりと働くように」という意味合いをもつにあたります。また、カバンや腕時計なども、目上の方に為、贈り物としては良い意味を成しません。

 

数や地域での縁起物

数や地域性によって縁起が良くない贈り物が挙げられます。

 

「4」、「9」

とりわけ、結婚祝いや新築祝いなどの贈り物として、お菓子やタオルの数などが4や9などの数字がある物は、避けましょう4は「死」を意味し、9は「苦」を意味する不吉な数として知られています。

 

偶数

また、偶数は割り切れる数の為、贈り物が偶数にならないように気をつけましょう。

ただし、「2」、「3」、「5」、「7」、「8」はOK!
結婚祝いなどにおいては、8は「末広がり」を意味する為、贈り物の数には問題ないでしょう。また、2を意味する贈り物も実は不吉ではないとされ、3や5や7のつく数字は比較的縁起が良いとされています。

 

地域性については事前に知っておこう

また、地域性によっては縁起が良くない贈り物というのは、その地域に住む人でないと分からない特異性のある場合が多いものです。

その為、本人の家族や周囲の友人などに贈らない方が良い物を事前調査しておく事がおすすめです。

 

その他

その他、あまりに高額すぎる贈り物自分の好みだけで選ぶような贈り物も控えた方が良いとされています。